畳の特徴


畳が日本で生み出されたのは、夏の高温多湿と冬の寒さがあったからです。


よく乾燥されたわらとイ草のさわやかさ、温もりを住まいに取り入れてきた日本人は、四季の変化のなかで温度と湿度の微妙な動きを敏感に受け止めて、 四季を通じて心地よい空間を伝えてきています。

     イ草の断面図
 イ草の断面図



畳の表面のさわやかさは、畳表の織り目の繊細な起伏がその秘密です。わずかな隙間に空気の層をつくり、イ草そのものの内部はスポンジ状になっていて、そこに空気を吸い込み、断熱効果とともにクッション性のある調節機能を持っているからです。




畳床は、よく乾燥させた稲ワラを程よく圧縮したものですが、内部のわらは空気 を含んだスポンジの状態になっていて、これが室内の湿気を吸い込んで、湿度を下げているのが畳特有の感触をつくっています。


つまり、畳がさわやかな感触を持っているのは、空気は熱を伝導しないという機能がそのまま働いている為です。
 戻る