初めての畳替え 2/3ページ



畳替えには次の3つがあります。
 ・裏返し
 ・表替え
 ・新畳

「畳表」(表面のゴザ)は実は裏も使えるんです。もちろん作りは表と同じです。 裏はまったく光に当たらないので、褪色の進み方が非常に遅いです。
しかし、かなり年数が経っているものは裏も傷んでいますので「裏返し」はあまりおすすめできません。
その場合は、表面のゴザを新しくする「表替え」が必要になってきます。
「畳床」は一般的にはだいたい15年〜20年くらいは取り替える必要がありませんが、年数や頻度に応じてやわらかく なっていきます。あまりにやわらかい場合は畳表が張れませんので交換が必要です。

裏返し(うらがえし)
裏返し
 目安 3年〜5年
「畳表」(表面のゴザ)を剥がし、裏返して取り付けます。
「縁」は新しい物を付けます。
次の場合は「表替え」をおすすめします。
 ・かなり年数が経っている。
 ・物をこぼしたなどでシミがある。
 ・畳表に穴が空いてしまっている。
できない場合
 ・柱などで切りかきがある畳
 ・一度裏返しをしてある畳

表替え(おもてがえ)
表替え
 目安 5年〜15年
「畳表」(表面のゴザ)を新しい物に取り替えます。 「縁」も新しい物を付けます。
次の場合は「新畳」をおすすめします。
  ・畳床がすごくやわらかくなってしまっている
  ・畳床の凹凸がひどい場合(※)
    ある程度の凹凸は畳替えの時直しますが、直しきれない場合があります。

新畳(しんだたみ)
新畳
 目安 15年以上
「床」「畳表」「縁」すべて新しいものを使用します。

次へ